共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

宮坂 均教授「P&A(Photosynthetic bacteria & Algae)」最優秀賞受賞!!

2019年度 熊本テックプラングランプリ 最優秀賞は「P&A(Photosynthetic bacteria & Algae)」

 
創業支援プログラム「熊本テックプランター」の一環として、2019年7月20日(土)に第四回となる次世代ベンチャーコンテスト「熊本テックプラングランプリ」を開催されました。本年は課題解決へのパッションをもつ研究者・技術者のチームが32チームエントリーし、書類選考を経て選ばれた12チームが口頭発表を行いました。会場には、一般聴講者や関係者合わせて約350名が参加し、研究者・技術者が、県内外の事業会社、行政、金融機関、大学など産学官金から集まった審査員に、自らの課題解決に対するパッションを伝えました。
 
会場投票および審査員による審査の結果、最優秀賞と6社の企業賞、特別賞が授与されました。
 
最優秀賞には、P&A(Photosynthetic bacteria & Algae)(発表テーマ:光合成細菌由来の藻類活力剤、代表者:宮坂 均/崇城大学 生物生命学部 応用生命科学科 教授)が選ばれました。当チームは、光合成細菌と藻類の関係の解析により、農業・養殖という幅広い分野の発展に大きく貢献する可能性をを実現しうること、本会のテーマである「熊本から世界へ羽ばたくベンチャーの発掘・育成」という点でも期待できると評価されました。
 
また【日本ユニシス賞】にも同じく「P&A(Photosynthetic bacteria & Algae)」が選ばれ同時受賞となりました。


 
【不二ライトメタル賞】にはアグリロボット 平 雄一郎(崇城大学工学部 機械工学科 准教授)農業のための雑草除草ロボットの開発が選ばれました。

 
詳細は下記からTECH PLANTERのホームページをご覧ください。
 

2019年度 熊本テックプラングランプリ 最優秀賞は「P&A(Photosynthetic bacteria & Algae)」