共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【科研費】調整金を利用した前倒し申請手続き等について

地域共創センターよりお知らせ
 
1.前倒し使用について
国の会計年度は単年度であるため、科学研究費補助金については、
その年度に交付決定された金額の範囲内で使用することとなっていますが、
研究計画が予定より早く進むなど、研究計画の変更等に伴い、交付内定時に
通知された研究期間全体の交付予定額の範囲内で、「調整金」を利用し、
翌年度以降に使用する予定であった研究費を前倒して使用することができます。
つきましては、次年度以降の研究費を前倒して使用することを希望する場合は、
「前倒し使用」の申請を行っていただきますようお願いいたします。
なお、追加配分した研究費については、次年度以降の研究費から減額調整を行います。
 
※原則として10万円単位。ただし、調整金は、単年度の補助金予算の範囲内で運用
するものであり、予算の状況により、実際の交付額が希望額を下回る場合があります。
 
2.申請書類
 ① 令和元年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)前倒し使用申請書
兼変更交付申請書(様式C-3-3)
 ② 令和元年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)交付請求書(様式A-4-1)
 
3.申請方法
(1)科研費電子申請システムへアクセスし、様式C-3-3および様式A-4-1を作成する。
※作成の際は以下の電子申請システム「研究者向け操作手引」をご確認ください。
 
   https://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/docs/kofumanual-shinseisha_H.pdf
 
(2)必要事項の入力完了後、「前倒し使用申請書兼交付申請書」(確認用PDF)の書類を
地域共創センターへ送付する。
※このとき「確認完了・提出」ボタンは押さないでください。
 
(3)地域共創センターでの確認完了後、修正部分があれば修正し、データの送信を行う。
 
4.提出期限
調整金の申請希望の方は、予め地域共創センターまでご連絡いただき、以下の期日までに
上記3.(2)の書類をご提出ください。
 
【1回目】 ※送金時期:令和元年10月下旬頃
      ① 8月 8日(木)【確認用紙媒体 提出締切】※提出先:地域共創センター
      ② 8月22日(木)【データ送信 締切】
      ※夏季休業日:8月10日(土)~ 8月20日(火)
 
 【2回目】 ※送金時期:令和2年 1月下旬頃
      ①11月14日(木)【確認用紙媒体 提出締切】※提出先:地域共創センター
      ②11月19日(火)【データ送信 締切】
   
5.前倒し使用に係る留意事項
① 次年度以降の研究費をすべて「前倒し使用」の申請に計上することや、「前倒し使用」
することにより研究期間の短縮を行うことはできません。また、研究期間中、いずれかの
年度の交付予定額を10万円未満とすることはできません。実質的な研究期間の短縮とな
るなど、後年度の研究の遂行が困難となるような研究費の前倒しもできません。
なお、応募資格の喪失等あらかじめ研究廃止を想定し、研究費を前倒して使用すること
はできません。
② 応募資格の喪失等により、今年度中に研究課題の廃止が見込まれる場合は、「前倒し使
用」を申請することはできません。また、日本学術振興会の特別研究員又は外国人特別研
究員の身分の喪失後に継続している特別研 究員奨励費の研究課題は、「前倒し使用」を
申請することはできません。
③ 「前倒し使用」申請できる研究費(直接経費)は10万円単位とし、直接経費の30%
に相当する間接経費も併せて交付されます。
④ 「前倒し使用」は年に2回申請することも可能です。
⑤ 「前倒し使用」で交付される研究費の使用が可能となるのは変更交付決定日以降となり
ますので、ご留意ください。
⑥ 研究分担者の分担金について、「前倒し使用」を申請する場合には、研究代表者が所属
する研究機関から申請手続を行うことになります。
 
※ご不明な点があれば、地域共創センターの田中(内線2723)までご連絡ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本学術振興会からのお知らせ
 
基金化されていない研究費の前倒し使用、一定の要件を満たした場合の次年度使用を可能とする「調整金」制度について、令和元年度科学研究費補助金における「前倒し使用」申請に係る手続等を次のとおりとしますので、申請の際には必要な手続きを行っていただきますよう、お願いします。
 
(令和元年度調整金による前倒し使用:当該年度令和元年度)の研究が加速し、次年度(令和2年度)以降の研究費を前倒して使用することを希望する場合には、「前倒し使用」の申請を行い、当該年度の調整金から前倒し使用分を追加配分する制度。なお、追加配分した研究費については、次年度以降の研究費から減額調整を行う。)
 
調整金に関するFAQ(文部科学省HPへリンク)
日本学術振興会へのリンク
 
●提出期間
1回目:令和元年7月1日(月)~令和元年9月1日(日)
2回目:令和元年9月2日(月)~令和元年12月1日(日)
 
●問合せ先
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究助成第一課研究助成第二係
TEL: 03-3263-0164、2148、1870、2146
FAX: 03-3263-9005