共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

熊本県産業技術センターとの連携協定

 3月13日(火)、本学と熊本県産業技術センターとの間で連携協定を締結しました。

 協定目的は、現在まで行ってきた連携(有機エレクトロニクス分野・食品バイオ分野・デザイン商品開発分野)を基に、崇城大学地域共創センターと熊本県産業技術センターが有する知識及び技術力を積極的に結集して共同研究を推進することを明確にするため、また、協定内容は、①必要に応じ、相互に研究員(学生を含む)を派遣、出張させること、②連携して県内産業の振興に資する共同研究の立案に努め、その実施に際しては必要な作業の実施に便宜を図ることです。

 調印式後には、現在連携して研究を行っている「次世代有機EL照明の開発」について、高木君「H24.3.15ナノサイエンス学科卒業」(有機ELデバイス化に成功した県内初&唯一の大学生)が実演を行いました。

 センターでは、現在まで、14市町村、3企業、3病院、1団体の計21の市長村等と連携協定を締結しており、今回の連携協定締結で22件目となります。