共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【JST公募採択決定!】社会還元加速プログラム(SCORE)に採択されました。

このたび、科学技術振興機構(JST)が大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)>に、本学の生物生命学部教授宮坂均の研究課題が採択されました。
本年度の募集は平成30年4月16日(月)から6月5日(火)まで行われ、17件の新規課題が採択されました。
 

大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)>
 
プレスリリース
採択課題一覧
 
事業概要
本事業では、ベンチャー企業の創出に向けた高い潜在性を持つ技術シーズを対象とし、その事業化を行うベンチャーの起業・成長に有益な知識の学習およびビジネスモデルの仮説立案検証を行います。具体的には、研究者やアントレプレナー志望者などがチームを組み、自らの技術シーズを基にしたビジネスモデルの策定と実用検証可能な最小限の試作品の製作を行い、想定される顧客などから評価を受けます。その評価結果や社会ニーズを、次の研究開発にフィードバックさせてビジネスモデルのさらなる現実化・高度化を目指すとともに、事業化に向けた改善サイクルの経験を通して、起業および経営に必要な能力の向上やネットワークの形成を図ります。

 

◆研究代表者
生物生命学部 応用生命科学科
教授 宮坂 均
 

◆研究開発課題名:
水産プロバイオティクスの事業化のための養殖現場での実証試験
 
◆プロジェクトの概要:
本プロジェクトでは、海産性光合成細菌のクルマエビ養殖における
水産プロバイオティクス効果のエビデンスを得るために、顧客候補の
クルマエビ育苗タンクおよび養殖池で投与実験を行い、検証を行う。
 
 
詳しくは本学ホームページより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【JST公募】社会還元加速プログラム(SCORE)研究開発課題募集(6/5)
JSTよりベンチャー創出支援の実践的な取り組みである、「社会還元加速プログラム(SCORE)」の

募集をしておりますので、ご案内いたします。

 

●1次申請(セミナー・ワークショップ参加申込):

平成30年6月5日(月)正午

●2次申請(審査申込):

平成30年6月25日(月)正午

●公募対象者:

技術シーズを持つ「研究代表者」と研究代表者とともにビジネスモデル仮説の立案検証などの活動を行う

「EL(Entrepreneur Lead)」のチームでの参加

●研究開発分野:

MVPを期間内に提示可能で、安全に顧客評価が可能な技術分野

・自然科学分野(新材料、先端計測等。薬事法等の規制対象外の分野)

●研究開発費(直接経費):

事業化活動にかかる直接経費 300万円

●研究開発期間:

単年度(平成30年度のみ)

 

※詳細は〈公募概要〉をご覧ください。

 

 

■本年度は、より皆様に近いところでSCOREについてご説明したい考え、 全国五か所で事業の説明会を開催いたします。

 

事業説明会: (開催時間はすべて17:00-19:00)

 

・名古屋地区 5月14日(月) 名古屋大学ナショナル・イノベーション・コンプレックス

・大阪地区   5月15日(火) 大阪イノベーションハブ

・東北地区   5月16日(水) 東北大学連携ビジネスインキュベータ 会議室

・福岡地区   5月18日(金) 九州大学伊都キャンパス 稲盛財団記念館稲盛ホール

・東京地区   5月21日(月) JST別館2F会議室A

 

※プログラムとして、講演・SCOREの研修内容の一部をご体験していただける短時間でできるワーク、 前年度の採択チームメンバーのパネルディスカッションおよび交流会などを予定しています。 SCOREの具体的な活動について、ご質問いただくことも可能です。

 

 

【お問い合せ】

科学技術振興機構(JST)産学連携展開部 START事業グループ

E-mail:start-score@jst.go.jp