共に作る。より良い未来を。

学内向け(科研費情報)

公的研究費及び研究活動の不正行為防止に関する取組 ポリシー

崇城大学地域共創センター

〒860-0082
熊本県熊本市西区池田4丁目
22番1号 情報学部棟1階
TEL:096-326-3418
FAX:096-326-3418

ken-sien[at]ofc.sojo-u.ac.jp

※上記宛先にメールを送られる際は、[at]を@に変更し、送信してください。

崇城大学

お知らせ一覧

【講演会・講習会等】(2件)6/21更新

【1】「異能vationチャレンジセミナーin九州」を開催【6/28(月)17時申込〆切】new
【2】周波数資源開発シンポジウム2021 (7/9(金)開催)

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講演会・講習会等2020年度終了分
 
講演会・講習会等2019年度終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】「異能vationチャレンジセミナーin九州」を開催【6/28(月)17時申込〆切】 new
 

主催  総務省九州総合通信局/ 一般社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 九州総合通信局は、一般社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)と共催で、
「異能vation」プログラムの令和3年度公募説明会を「異能vationチャレンジセ
ミナーin九州」としてオンラインで開催します。

 
 
【日時】令和3年7月2日(金)14時00分~15時30分
   ※Zoom及びYouTubeによるオンライン配信
 
【定員】Zoom:80名、YouTube:定員なし

 

【申込方法・プログラム】
以下のホームページから6月28日(月)17時までにお申し込みください。
https://www.kiai.gr.jp/n-runner/R3/postmail03/form.html
 
  (1)「異能vation」プログラムおよび令和3年度公募内容の紹介(計40分)
   説明者:総務省国際戦略局技術政策課
   株式会社角川アスキー総合研究所「異能vation」事務局
 
  (2)九州にゆかりのある「破壊的な挑戦部門」挑戦課題の事例発表(20分)
   発表者:神奈川大学 工学部 経営工学科 准教授 松本 光広 氏
   「空間を感じる超人化スーツの実現」(採択当時、福岡県に在住)
 
  (3)九州管内での「異能vationネットワーク拠点」のご紹介(計20分) 
   発表者: 一般社団法人まちはチームだ(福岡県北九州市)
    a side(あさいど)-満寿屋(ますや)-(大分県別府市)
特定非営利活動法人若者・留学生サポートステーション響(ひびき)(鹿児島県鹿児島市)
 
(4)ICT起業家支援の取組紹介(10分)
説明者:九州総合通信局情報通信部情報通信連携推進課

 
【参加申込方法】
以下のホームページから6月28日(月)17時までにお申し込みください。
 ☞ https://www.kiai.gr.jp/n-runner/R3/postmail03/form.html

   
(参考)異能vationウェブページ
 ☞   https://www.inno.go.jp/
 総務省では、奇想天外でアンビシャスな技術課題に失敗をおそれずに挑戦する
人(通称:へんな人)を支援する「異能vation」プログラムを平成26年度から
実施しています。本プログラムでは、人工知能でもできる「既知の正解を探し出
す力」よりも、「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し
未来を拓く力」で「何もない0のところに新たな1を創造する」ことに好奇心を
持って取り組む方々の「挑戦」を支援しています。
 
(本件に関する九州総合通信局の報道発表)
 ☞  https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/210611.html
(関連報道発表)
・令和3年度「異能vation」に関する公募(令和3年6月1日)(総務省)
 ☞  https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000326.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】周波数資源開発シンポジウム2021 (7/9(金) 開催)
- 5G、そしてその先へ ~ ローカル5G、Beyond 5G / 6G に見るこれからの情報通信社会 -

 

主催  国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

      一般社団法人電波産業会

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

サービスが開始された第5世代移動通信システム(5G)を基盤に、特定のエリアや用途で求められる通信要件を満たす自営の5Gサービスを提供するローカル5Gへの期待が高まっています。また、将来のSociety 5.0を支える無線基盤として、5Gをさらに発展させたBeyond 5G / 6Gといった次世代移動通信システムの技術的な検討や議論も国内外で開始されています。
本シンポジウムでは、それらの新たな周波数利用につながるワイヤレス通信技術に焦点を当て、技術や標準化動向、アプリケーション、政策等について、産学官の専門家による講演を行います。研究者や専門家のみならず、多くの方々のご参加を心からお待ち申し上げます。
 
【日時】2021年7月9日(金)13時00分~17時35分
 
【定員】会場:120名 Zoomウェビナー:500名
※状況により明治記念館での参加については変更する場合があります。
※定員に達し次第、受付を終了します。
【参加費】無料
 
【プログラム】
「最近の電波政策の動向について」 総務省
 総合通信基盤局 電波政策課長  布施田 英生
 
「Society 5.0時代に向けた移動通信システム」 大阪大学大学院
 工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授 三瓶 政一
 
「ローカル5Gの社会展開」 富士通株式会社
 理事 5G Vertical Service室長 後藤 知範
 
「5G Evolution & 6G 」 株式会社NTTドコモ 
 執行役員 ネットワークイノベーション研究所長 中村 武宏
 
「6G – The Road Ahead」 オウル大学(フィンランド)(Zoomによるリアルタイム中継)
  Director of 6G Flagship  LATVA-AHO Matti

 
「5Gの高度化とそれを支えるワイヤレスエミュレータ」 国立研究開発法人情報通信研究機構
 ネットワーク研究所 ワイヤレスネットワーク研究センター ワイヤレスシステム研究室 室長 松村 武
 
【参加申し込み】
  ☞  https://www2.nict.go.jp/cgi-bin/cgimail/202105250014/index.cgi
※定員に達し次第、受付を終了します。
   
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)HP
 ☞  https://www.nict.go.jp/info/event/2021/07/09-1.html