共に作る。より良い未来を。

学内向け(科研費情報)

公的研究費及び研究活動の不正行為防止に関する取組 ポリシー

崇城大学地域共創センター

〒860-0082
熊本県熊本市西区池田4丁目
22番1号 情報学部棟1階
TEL:096-326-3418
FAX:096-326-3418

ken-sien[at]ofc.sojo-u.ac.jp

※上記宛先にメールを送られる際は、[at]を@に変更し、送信してください。

崇城大学

お知らせ一覧

【外部資金公募情報】(7件) 3/23更新

【1】Front Runner of Future Diabetes Researchに関する研究助成(FFDR)酵素研究助成(4月5日(月)締切) 
【2】2021年度一般財団法人 キーコーヒー柴田裕記念財団研究助成 (学内締切 3/15(水)、締切3/31) 
【3】(公財) 工作機械技術振興財団  <2020年度(第42次)助成募集> (学内締切3/17(水)、締切3/31)
【4】令和3年度安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業のうち課題解決型プロジェクト研究(4/6締切) 
【5】(公財) ひと・健康・未来研究財団 研究助成(4/30締切) 
【6】(公財) セコム科学技術振興財団 一般研究助成(4月15日(木)締切)new 
【7】森喜作記念顕彰会 令和3年度(第43回)「森喜作賞」(5月7日(金)締切)new 
 
 
各種団体の補助金等募集に関する情報検索は下記のページもご覧ください。
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年度 公募終了一覧
  
2019年度 公募終了一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】Front Runner of Future Diabetes Researchに関する研究助成(FFDR)酵素研究助成(4月5日(月)締切)  
 

 公益財団法人 日本応用酵素協会 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☞  2021年度募集要項
当財団は、糖尿病の原因とされるインスリンの分泌不全やインスリン抵抗性に関して、独創的・先駆的な研究を行っている研究者を助成対象者として募集いたします。
 
助成対象研究分野

糖尿病の原因とされるインスリンの分泌不全やインスリン抵抗性に関して、さまざまな手法(生理学、分子生物学、臨床研究など)を用いた、その発症メカニズムの解明及び治療方法の開発に関する独創的・先駆的な研究
 
応募資格
若手研究者 2021年4月1日時点で38歳以下であること。
 
先進的かつ萌芽的な研究に取り組んでいて、研究を結実させると期待される研究者。筆頭論文または2nd authorとして優秀な論文があることが望ましい。
単独研究、共同研究の別は問わない。
当財団の5つの研究助成(*)につきましては同一年度に重複して応募または助成を受けることができません。
 
募集人数 4名程度
 
助成期間 1年間(2021年6月1日~2022年5月31日)。

但し、毎年審査を行い40 歳まで継続して助成を受けることが可能
 
助成金 交付金額  総額 1,500万円(予定)
 
交付件数  30名程度(継続助成者を含む)

助成金額は研究発表会で報告される研究成果に応じて決定します。
 
募集期間 2021年3月22日(月)~4月5日(月)
 
応募方法
☞  公益財団法人 日本応用酵素協会のホームページよりWeb申請してください。
・申請方法についてはホームページのQ&A「応募手続きについて」を参照ください。

・推薦者については必須ではありませんが、所属上長等の推薦がある場合は入力をお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】2021年度一般財団法人 キーコーヒー柴田裕記念財団研究助成(学内締切3/15(水)) 
 

 一般財団法人 キーコーヒー柴田裕記念財団 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

募集テーマ
「食品、飲料の安定供給、品質向上、高付加価値化に関する研究」
 
応募資格
大学等の研究・教育機関、企業に属する研究者(原則として個人)とします。応募に際しては、所属機関の上席者の自著によるサインまたは押印が必要です。
※個人または所属のグループで、同一あるいは類似内容で、他の財団等から既に助成を受けている場合は、対象外とします。
 
応募期間
2021年1月4日(月)から2021年3月31日(水)(必着)学内締切3/15(水)
 

 

助成金額 助成対象期間1年あたり原則100万円 (7件予定)
 
助成対象期間
2021年9月1日 から2022年8月末日(1年間)
※原則として1年とします。
 

 
応募および問い合わせ先
応募に関するお問い合わせは、メールにてお願いします。
「一般財団法人キーコーヒー柴田裕記念財団」事務局
メールアドレス:info@key-ysfoundation.jp

 
その他詳細については、財団ホームページを参照して下さい。
 ☞ 財団ホームページ:https://key-ysfoundation.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】公益財団法人 工作機械技術振興財団  <2020年度(第42次)助成募集>(学内締切3/17(水))  
 

 公益財団法人 工作機械技術振興財団 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

<2020年度(第42次)助成募集>

 
1. 工作機械技術振興賞・論文賞
大学、高専、公的研究機関および企業の研究者などを対象に、工作機械の発展・進歩に大きな貢献が期待できる独創的な論文に対し表彰します。

申請期間:2020年12月1日~2021年2月28日(学内締切2/12(金))
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/thesis/
 
2. 工作機械技術振興賞・人材育成賞

工作機械技術に関わる人材の確保と指導、育成に優れた活動を行っている個人を表彰します。

申請期間:2020年12月1日~2021年3月31日(学内締切3/17(水))
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/mte-hrd/
 
3. 試験研究助成 A
大学、高専、公的研究機関および企業の研究者などを対象に、工作機械関連団体からの推薦および公募により募集しており、その成果は試験研究報告書として工作機械技術関係者に配布しております。

申請期間:2020年12月1日~2021年3月31日(学内締切3/17(水))
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/exp-research-a/
 
4. 試験研究助成 B
博士後期課程に在学中あるいは同課程に進学予定の学生を対象に公募しており、将来、日本の工作機械関係の学者、研究者または工作機械産業界の技術者を一人でも多く生み出すことを目的としております。

申請期間:2020年12月1日~2021年3月31日(学内締切3/17(水))
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/exp-research-b/
 
5. 特別試験研究助成
工作機械の開発、生産、利用等に関する技術の進歩につながる試験研究であって、斬新性、創造性に優れ、かつ、実用可能性、実用化の後の波及効果および社会的貢献度が特に大きいと見込まれる試験研究を助成しております。

申請期間:2020年12月1日~2021年3月31日(学内締切3/17(水))
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/680-2/
 
6. 海外国際会議参加支援
研究者・技術者の育成に寄与するため、海外で開催される工作機械に関する国際会議に参加し、自らが行った研究・開発の成果を発表したいと希望する若手研究者に対し会議参加費、渡航費等を助成しております。

申請期間:年4回、会議開催ごとに締切日を定めています

☞  https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/conference/
 
7. 国際会議開催支援
当財団が助成の対象とする研究分野において、権威のある機関または団体が主催する、2年以内に国内で開催される国際会議の開催費用の一部を助成し支援します。

申請期間:随時
☞ https://www.kousakukikai-zaidan.or.jp/essential/kokusaikaigikaisaisien/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4】令和3年度安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業のうち課題解決型プロジェクト研究()  
 

農林水産省

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

農林水産省は、安全な農畜水産物の安定供給に資するよう、食品安全、動物衛生、植物防疫等に関する行政施策・措置の決定に必要な科学的知見を得るための研究事業「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」を実施しています。
本事業では、「課題解決型プロジェクト研究」及び「短期課題解決型研究」の2つのタイプの研究を実施しています。
 
課題解決型プロジェクト研究:シーズ研究から応用・開発まで、我が国の研究勢力を結集して総合的・体系的に推進すべき長期的視点が求められる大規模な研究
短期課題解決型研究:現存する技術シーズや知見を活用して、1~3年程度で成果が見込まれる比較的規模の小さい研究課題を短期的・機動的に実施
 

試験研究課題:新たな人獣共通感染症の発生に備えた事前リスク評価
 
研究実施期間:令和3年度~令和7年度
 
令和3年度経費限度額:37,000千円
 
受付期間:令和3年2月15日(月曜日)から4月6日(火曜日)17時00分まで
 
※詳細はHPをご参照下さい
  
☞  https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/regulatory_science/r3_rsproject.html
 
☞  応募要領一式(PDF : 5,324KB)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【5】公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 2021年度研究助成 (4/30締切) 
 

 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究助成の趣旨 : 当財団の目的である、「ひとの健やかでこころ豊かな未来を実現するために、健全な食生活と予防医学に重点をおいた研究、さらに自然との共生を基本に、こころの健康をめざした研究を振興し、もって国民の健康増進と生活の質の向上に寄与する 」ことをめざす研究者に助成をおこないます。
 
公募テーマ : 食品、環境、医学、福祉の研究のうち上記の目的にかなうテーマ
 
研究助成金 : 1件につき20万円~100万円(助成金総額は1,500万円を予定)
 
応募期間 : 期間2021年4月1日~2021年4月30日(1ヵ月間)※当日消印有効
  
※詳細は財団HPをご参照下さい

☞ http://www.jnhf.or.jp/subsidy_1.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【6】公益財団法人 セコム科学技術振興財団 一般研究助成(4月15日(木)締切)  new
 

 公益財団法人 セコム科学技術振興財団 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究助成の趣旨
国民の健康で安全な生活の確保、災害防止等国民生活に密着した研究について助成いたします。今年度も、これらの研究のうち社会的要請があり研究成果が実用化に結びつく可能性が高い、あるいは、研究成果が今後の科学技術の発展に寄与する、長期かつ大型の研究・開発等(社会科学の研究を含む)を公募により助成いたします。
 
研究を着実に遂行・発展させていただくため、最初の1年間は準備研究とし、翌年からは成果目標を定めた研究計画に従い本格研究として研究を実施していただきます。毎年所定の研究助成申請書の提出をいただき、準備研究から本格研究への移行に際しては面接審査、本格研究の継続に際しては書類審査を行い、本格研究移行及び研究継続の可否を決定いたします。
 
概要 ※今年度から応募方法が変わりました。ご注意ください。
 
公募期間  令和3年3月23日(火)から令和3年4月15日(木)まで。(締切厳守)
※アップロード用アカウント発行依頼受付は、令和3年3月23日(火)から令和3年4月9日(金)12:00です。
※研究助成申請書類(電子データ)のアップロード提出は、令和3年4月15日(木)23:59までです。
 
助成金額 1件あたり準備研究期間は500万円以内、本格研究期間は年間1,500万円以内で総額5,000万円以内とします。
 
助成期間 準備研究期間1年間、本格研究期間2年間または3年間、合計で最長4年間です。ただし、進捗次第では本格研究への移行や本格研究の継続が認められない場合があります。
 
助成対象 現に活発な研究活動を行っており、助成期間中継続的に研究を実施することができる
国内の大学・大学共同利用機関法人・国立研究開発法人に所属する59歳以下の研究者を対象とします。
 
選考方法 選考委員による一次選考(書類審査)および二次選考(面接)
 
応募方法 募集要領をよく読み、準備研究助成申請書(書式A)に記入の上、当財団にアップロードして下さい。
 

☞  https://www.secomzaidan.jp/ippan.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【7】森喜作記念顕彰会 令和3年度(第43回)「森喜作賞」(5月7日(金)締切)  new
 

 一般財団法人 日本きのこ研究所内 森喜作記念顕彰会事務局 

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.目的
森喜作賞は、しいたけ等きのこ類の普及・振興の功労者である故森喜作農学博士の遺志を継承し、広くしいたけ等きのこ類の調査・研究及び普及等に顕著な功績のあった者、並びにしいたけ等きのこ類の栽培の優良経営者に対する顕彰を行い、もってわが国のきのこ産業の発展に寄与することを目的とします。
 
2.受賞対象者
次の二部門において顕著な功績のあった者各1名とします。
 
(1) 第一部門 「しいたけ等きのこ類の調査・研究及び普及」

次の分野において顕著な功績のあった者

① きのこ類の基礎的・応用的研究
② きのこ類の栽培技術・経営の調査・研究及び普及
③ きのこ類の資機材の研究・開発及び普及
④ きのこ類の栄養学・薬学・医学的調査・研究及び普及
⑤ きのこ類の内外需要に関する調査・研究及び普及
 
(2) 第二部門 「しいたけ等きのこ類の栽培の優良経営」

しいたけ等食用きのこ類の栽培技術・経営に優れており、且つその技術・経営の普及に顕著な功績のあった者
 
3.正賞および副賞
森喜作賞として、正賞(記念盾)及び副賞(顕彰金20万円)を贈呈します。
 
提出期間 令和3年5月7日(金) 当日必着
 
その他詳細については、財団ホームページを参照して下さい。
 ☞ 財団ホームページhttp://www.kinoko.or.jp/html/memorial_001.html#01
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※ほかの公募案内等と重複してお知らせしている場合がありますことをご了承ください。