共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

※講演会・講習会等(5件)7/16更新

【1】「第2回 地図による可視化と位置情報活用」データ分析セミナー(7/18 福岡市開催)
【2】「Society5.0を主導する九州の企業と事業」(7/24 福岡市開催)
【3】有機光エレクトロニクス産業化研究会(7/29 福岡市開催)
【4】産学連携による研究成果の実用化を目指して(9/26熊本会場・10/17福岡会場)
【5】 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー(9/26開催 鳥栖市)new
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講演会・講習会等2019年度終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】「第2回 地図による可視化と位置情報活用」データ分析セミナー(7/18 福岡市開催)
      7月18日(木)18時30分~20時 (18:15受付開始)
 
                      (公財)九州経済調査協会
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

第2回は、地域別のデータを地図(階級区分図等)で表現したり、位置情報
(座標データ)を可視化したりする技術について解説します。具体的には、
GIS(地理情報システム)、BI(ビジネスインテリジェンス)ツール等による
各種の可視化や分析手法、アプリケーション・サービスの動向、事例等を紹介
します。また、オープンソースのGISアプリケーションである「QGIS」や、ア
プリケーション向けオンラインカスタムマップである「Mapbox」等のデモを行
います。
———————————————————————-

【開催概要】
 
◆日 時 :7月18日(木)18時30分~20時 (18:15受付開始)
 
◆講 師 :小柳 真二(公益財団法人九州経済調査協会 事業開発部)
 
◆場 所 :BIZCOLI ミーティングルーム
  (福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3階)
 
◆参加費 :無料
 
◆定 員 :24名(定員になり次第締め切り)
 
◆主 催 :(公財)九州経済調査協会
 
◆お申込 ・お問い合せ :(公財)九州経済調査協会 BIZCOLI:
担当:牟田、小柳  
        TEL:092-721-4909 FAX:092-721-4908
 
詳細はこちらをご覧ください。http://www.kerc.or.jp/seminar/2019/06/7182.html
 
┌【お申し込み方法】────────────────────────
│ ▼ウェブサイトからのお申込み
│ https://www.kerc.or.jp/seminar/form.php?uniq_id=529 
│ ▼ファックスでのお申し込み
│ http://www.kerc.or.jp/seminar/image/20190718.pdf  
│  ページを印刷し、必要事項をご記入の上、
│  092-721-4908 まで送信ください。
└─────────────────────────────────

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】「Society5.0を主導する九州の企業と事業」のご案内
      7月24日(水)14時30分~16時 (14時開場)
http://www.kerc.or.jp/seminar/2019/06/724society50.html
                         九経調研究報告会
======================================================================

我が国は、デジタル技術とデータの利活用により実現する新たな社会
「Society5.0」を推進しています。当会はその中から政府が示した
「フラッグシップ・プロジェクト」に注目し、九州での事例を整理・分析しま
した。
九州らしいプロジェクト、九州が強い技術/ソリューション等、分析の中で
見えてきた九州の「Society5.0」の最新事情について報告いたします。
 
———————————————————————-
主な内容
 ●“まち”の変化に貢献するSociety5.0~次世代モビリティシステム・イン
フラ等
 ●“ひと”の変化に貢献するSociety5.0~次世代ヘルスケア、デジタル・ガ
バメント
 ●“しごと” の変化に貢献するSociety5.0~農林水産業、生産性革命
 ●“まち・ひと・しごとを支える基盤”の変化に対応するSociety5.0   
             ~フィンテック、エネルギー転換・脱炭素化
 ●九州の特徴と成長可能性
———————————————————————-
【開催概要】
 
◆日 時 :7月24日(水)14時30分~16時 (14時開場)
 
◆講 師 :藤井 学(公益財団法人九州経済調査協会 調査研究部 次長)
 
◆場 所 :電気ビル共創館3階 カンファレンスB 
(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
 
◆参加費 :無料
 
◆定 員 :70名(定員になり次第締め切り)
 
◆締 切 :7月19日(金)
 
◆主 催 :(公財)九州経済調査協会
 
◆お申込 ・お問い合せ :(公財)九州経済調査協会 
        TEL:092-721-4900 FAX:092-721-4906
 
┌【お申し込み方法】────────────────────────
│ ▼ウェブサイトからのお申込み
https://www.kerc.or.jp/seminar/form.php?uniq_id=527
│ ▼ファックスでのお申し込み
│ http://www.kerc.or.jp/seminar/image/20190724_fax.pdf
│  ページを印刷し、必要事項をご記入の上、
│  092-721-4906 まで送信ください。
└─────────────────────────────────
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】第14回 有機光エレクトロニクス産業化研究会 (7/29 福岡市開催)
  
          公財)福岡県産業・科学技術振興財団 有機光エレクトロニクス産業化研究会
                       
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州大学 安達千波矢教授が提唱し、推進している有機光デバイスシステムバ
レー構想の現状について、報告させていただくとともに、将来について議論を深
める機会にさせていただければと思います。
  
●開催日時:令和元年7月29日(月)
  講演会 13:30~16:50
  交流会 17:00~18:30
  
●開催場所:ソラリア西鉄ホテル福岡(福岡市中央区)
  
●スケジュール:
【1】研究会 (8階 彩雲(雪))

 1)未来へ広がる有機光エレクトロニクス
    ─九大伊都キャンパスにおける基礎研究から実用化開発までの
     研究開発体制の構築─
    九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長      安達 千波矢
  
2)i3-opera事業・i-heating紹介
    有機光エレクトロニクス実用化開発センター 副センター長          宮崎 浩
  
 3)KOALA Tech : The world leading company for organic
     semiconductor laser technology.
      ㈱KOALA Tech CEO Dr.Jean-Charles Ribierre
     注)英語による講演となり、通訳サービスはございません。
       予め、ご了承ください。
  
4)HyperfluorescenceTM/TADFの事業化への取り組み
     ㈱Kyulux CEO 安達 淳治 氏
   
  5)有機光エレクトロニクス産業による地域イノベーション創出への期待
     ~ベンチャーキャピタルの視点から~
      QBキャピタル合同会社 代表社員 坂本 剛 氏
    
【2】交流会: 17:00~18:30(8階 彩雲(月))
  
●参加費:講演会 無料/交流会 3,000円
  
●定員:120名(定員に達し次第、締め切らせて頂きます。)
  
●お申込方法:
 HPからのお申込は、下記のリンクよりご入力・送信下さい。
 https://www.i3-opera.ist.or.jp/contact
  
「セミナー・研究会等のお申込み」に印をつけ、各項目を入力の上、
内容欄に、①講演会(出席、欠席)と②交流会(出席・欠席)をご記入ください。
  
以上、ご不明点などございましたら、事務局 因幡・大西までご連絡下さい。

*******************************************************
 【お問い合わせ先】
  (公財)福岡県産業・科学技術振興財団内
  有機光エレクトロニクス産業化研究会 事務局
  担当:因幡・大西
  TEL:092-805-1850/FAX:092-805-1851
  E-mail:i3-opera@ist.or.jp
https://www.i3-opera.ist.or.jp/contact
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【4】産学連携による研究成果の実用化を目指して
                   国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、産業技術力強化法の整備、大学知的財産本部の設置、国立大学の法人化等を背景に、大学等の公的研究機関が主体となった研究成果の社会還元活動を積極的に支援しています。この支援活動の一環として、大学等の公的研究機関から創出された研究成果に基づく特許技術による新技術説明会を開催しています。
新技術説明会は、大学、高等専門学校、国立研究開発法人等の公的研究機関から生まれた研究成果(特許)の実用化(技術移転)を目的に、新技術や産学連携に関心のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場をセッティングし、各研究機関はこの場で出会った産と学をマッチングへと導きます。
 

【新技術説明会の特長】
 
1. 未公開特許を中心とした発表
ライセンス可能な特許技術を発表することを原則としています。中でも出願から1.5年未満の未公開特許を多く含むことで、公的研究機関の最新の研究成果を企業へ提供することを目的としています。
 
2. 産学連携を展望したプレゼン
学会発表、研究成果報告会、アウトリーチ活動といった発表そのものが目的のイベントと違い、従来技術との比較、想定される用途、実用化への課題、企業への期待等、ビジネスマッチングを意識したプレゼンテーションを行っています。
 
3. 個別相談会場を併設
発表終了後、その場ですぐにアプローチしたい企業のために、名刺交換会および個別相談会を設けています。個別相談会には、各研究機関の産学連携コーディネータが同席することを原則としており、マッチングを強力にサポートします。
 
4. 4万件以上の企業リスト
メールDMによる案内数は4万通以上。過去の新技術説明会の来場者だけでなく、イノベーションジャパンの来場者を中心に、産学連携および技術移転に関心の高い企業に対し、定期的に開催案内のメールを送っています。
 
5. 発表資料をWebサイトに掲載
開催終了後、当サイトに当日のプレゼン資料をアップロードします。過去のプレゼン資料をアーカイブ化することで、当日の説明会に参加できなかった企業や検索エンジン経由で辿り着いた企業からのアプローチも可能にします。
 
【開催スケジュール】
 
9/26(木)pm
熊本大学 新技術説明会 
 
10/17(木)
九州大学 新技術説明会 

 
その他の開催地、申込み受付、詳細等につきましては新技術説明会HPからご確認ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【5】 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー(9/26開催 鳥栖市)new
 
              九州経済産業局、国立研究開発法人産業技術総合研究所九州センター
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
本イベントは、九州・沖縄8県の公設試験研究機関(以下「公設試」という。)
や産総研の最新の研究成果・情報が一堂に会する唯一の場として、平成23年から
開催しております。9回目となる今年度は、「製造現場のIoT化を支援するスマー
ト製造ツールキット」と題した特別講演のほか、企業と公設試等との共同研究に
よる合同成果発表会、最新の研究成果のポスター展示、特設ブース展示、技術相
談会、ピッチ会(ショートプレゼン)、ラボツアーなど、多数の催しを行います。
 
■日程:令和元年9月26日(木)10:00~17:00
 
■会場:鳥栖市民文化会館(佐賀県鳥栖市宿町807-17)
    産業技術総合研究所九州センター(佐賀県鳥栖市宿町807-1)
 
■参加費:無料(交流会は会費3,000円・事前申込制)
 
■主催:九州経済産業局、国立研究開発法人産業技術総合研究所九州センター
 
■共催:九州・沖縄地域産業技術連携推進会議(産技連)、産技連九州・沖縄地
域部会、内閣府沖縄総合事務局、福岡県工業技術センター、佐賀県工業技術セン
ター、佐賀県窯業技術センター、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター、
長崎県工業技術センター、長崎県窯業技術センター、熊本県産業技術センター、
大分県産業科学技術センター、宮崎県工業技術センター、宮崎県食品開発セン
ター、鹿児島県工業技術センター、沖縄県工業技術センター、九州地方知事会、
九州イノベーション創出戦略会議(KICC)
 
■主な行事:
・特別講演「製造現場のIoT化を支援するスマート製造ツールキット」
 産総研 製造技術研究部門 機械加工情報研究グループ 研究グループ長 古川慈之
 
・産総研九州センター講演会
 
・九州・沖縄地域企業&公設試・産総研合同成果発表会
 
・公設試・産総研シーズポスター・成果品展示会
 
・特設ブース展示(テーマ:スマート製造技術の生産現場への導入に役立つ技術・取組み)
 
・技術相談・各種相談会
 
・ピッチ会(出展機関によるショートプレゼン)
 
・産総研九州センターラボツアー
 
※詳細は、ホームページ(http://www.aist.go.jp/kyushu/)をご覧ください。
 
■申込方法:
講演会、合同成果発表会、ラボツアー、交流会へのご参加は、事前登録をお願いいたします。
申込は、8月上旬から、ホームページ(https://www.aist.go.jp/kyushu/ja/events_OPD2019_index.html)お知らせします。
※「産総研 九州センター」で検索できます。
 
■問合せ先:
オープンイノベーションデー事務局
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所九州センター 産学官連携推進室内
 〒841-0052 佐賀県鳥栖市宿町807-1
 TEL: 0942(81)3606 FAX:0942(81)4089
 E-mail: q-openday-jimu-ml@aist.go.jp
*┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
*┏┏┏ * *九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー*
*┏ * 令和元年9月26日(木)10:00~17:00
┏ お問合せ—> https://www.aist.go.jp/kyushu/index.html
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**━━***━