共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【研究助成】友重教授が「科学技術振興機構」研究助成に採択

このたび、JST科学技術振興機構「熊本復興支援(地域産学バリュープログラムタイプ)」に、本学の生物生命学部ナノサイエンス学科 教授 友重 竜一の研究課題が採択されました。

 
 

◆研究開発課題名:
高熱伝導マグネシウム合金の射出成形性向上に資する材料組成開発
 
◆プロジェクトの概要:
熊本県南関町にあるネクサス株式会社および熊本県産業技術センターと協同して、自動車のメーターパネル部品をはじめとする車載用各種部品向けのマグネシウム合金の開発に取り組んでいます。ネクサス社は半溶融状態金属を閉鎖系内で高速高圧で射出する、安全でクリーンな鋳造工法であるチクソモールド法を用いたマグネシウム合金の射出成形技術を有しています。私たち三者は、射出成型時の合金の流動性や成形性を高めるための材料・工程開発を行っています。