共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【協定締結】熊本市・熊本ネクストソサエティ㈱との3者連携協定締結

 本学は7月26日(木)熊本市役所にて熊本市、熊本ネクストソサエティ㈱、本学との3者間で「IoT・AIを
活用した農業者及び食品製造業者(以下「農業者等」という。)の販路開拓に関する連携協定」を締結
いたしました。
 
 熊本市が運営する農業者等紹介サイト「熊本市産品事典」と、熊本ネクストソサエティ㈱と本学が
構築する「フードバンクインデックス※」を連携させ、全国の流通業者のニーズを農業者等に提供する
ことで、販路開拓を推進していきます。
 
 具体的には、産学官が連携してクラウド型システムを構築し、流通業者のニーズを農業者等に的確に
提供し、生産・製造にフィードバックするとともに、効率的な物流を実現するものです。広域的な販路
開拓として国内でもあまり例のない取組みとなります。
 
 ※フードバンクインデックス
  生産(農業者等・農水産物等)、流通(販路情報・売上情報等)及び消費(消費履歴・栄養学等)に
  係る情報をそれぞれデータベース化するとともに、それらの情報をマッチングすることで農業者等の
  販路開拓を行うクラウド型システムのこと 。
 
【連携における役割】
 (1)熊本市は、自らが運営する農業者等紹介サイト「熊本市産品事典」を「フードバンク
   インデックス」に連携させるとともに、熊本連携中枢都市圏の農業者等に対して、この取組みを
   積極的に紹介し、取組みに参加する農業者等を増加させる。
 
 (2)崇城大学は、「フードバンクインデックス」の核となる基本システムの研究開発を行う。
   将来的には、IoT・AI技術を活用し、消費者、農業者等及び流通業者のデータを自動収集すると
   ともに、マッチングのシステムを構築する。
 
 (3)熊本ネクストソサエティ㈱は、「フードバンクインデックス」を構築し、その管理運営を行うと
   ともに、「熊本市産品事典」と「フードバンクインデックス」を連動させることで、農業者等の
   販路開拓の支援を行う地域商社の役割を担う。