共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【助成金】キヤノン財団助成金を授与~トマトの有効成分からナノ材料開発を目指す~

工学部ナノサイエンス学科黒岩敬太教授は、薬学部薬学科池田剛教授との共同研究で、「トマト由来ステロイドアルカロイド配糖体によるプローブ材料開発」を提案し、「キヤノン財団 第8回研究助成(2017-18年度)」における研究助成プログラム「産業基盤の創生」に採択されました。

本研究は、黒岩教授のナノ配列技術と、池田教授のトマトからの有効成分抽出技術を組み合わせたもので、生体標識プローブなどの応用を見込んでいます。
全国609件の応募の中から12件が採択される(採択率約2%)という超難関の助成金でしたが、熊本特産物を利用したという地域性、トマトからナノテク材料という斬新性により採択されました。今後の研究展開が熊本との地域創生と最先端科学を推進することが期待されます。

※詳細な情報につきましては、以下のリンク先をご覧ください。

崇城大学ホームページのニュースへ
■キヤノン財団 第8回研究助成(2017-18年度)