共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

【講演会・講習会等】(3件)12/12日更新

【1】RISTフォーラム「ローカル5Gによるものづくりの変革へむけて」(12/19)
【2】第24回 関西大学先端科学技術シンポジウム(1/23-24開催)new
【3】AMEDの令和元年度研究公正セミナーのご案内(R2/1/14開催 福岡市)new

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講演会・講習会等2019年度終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【1】 RISTフォーラム「ローカル5Gによるものづくりの変革へむけて」(12/19)
 
                       くまもと技術革新・融合研究会(RIST)公益財団法人くまもと産業支援財団
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ローカル5Gは、高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続などの特徴を持ち、
ものづくりの品質、生産性、ビジネスモデル変革へ大きなキーテクノロジーとな
る可能性を持った技術・制度です。
 
多くの企業が様々な社会経済分野でのローカル5G導入の取り組みを表明、複数の
実証実験も進行中ですが、ものづくり企業が多い熊本で現場の課題とすり合わせ
ながら、製造業でのローカル5Gの導入・活用に取り組んでいくことは、地元企
業にとってメリットを生み、また、大きなビジネスチャンスにもなり得ます。
  
本フォーラムは、製造業における5GやIoTの事例を通した幅広い視野の提供、実
証実験を通して得られた知識の紹介、工場の無線LAN環境の課題抽出と対策作り
についての紹介、工場内での無線LAN安定化のための標準化動向についての紹介
という構成とし、製造業でのローカル5G導入の取り組みのための基礎的な知識
が得られる内容となっております。
  
多くの皆様にご参加頂き、質疑応答のほか、講師も交えた議論や今後の継続的な
取り組みについても意見交換が出来れば幸いです。
  
年末のご多忙な時期の開催ですが、多数の皆様のご参加をお待ちしております。
  
1.日  時  令和元年12月19日(木) 13:30~17:30
  
2.場  所  KKRホテル熊本 1階 有明不知火
  アクセス: http://www.kkr-hotel-kumamoto.com/access/index.html
  
3.主 催 等
  主催 くまもと技術革新・融合研究会(RIST)
     公益財団法人くまもと産業支援財団
  
  後援 総務省九州総合通信局
     熊本県工業連合会
     熊本県情報サービス産業協会
     熊本県産業振興協議会セミコンIT産業部会
  
4.内 容
 ○開 会 挨 拶 13:30~
  
 ○フォーラム開催にあたって 13:35~
  総務省 九州総合通信局 無線通信部 電波利用企画課 課長 猪俣 浩昭 氏
  
 ○基 調 講 演  13:50~14:50
 「5GやIoTの事例から考えるモノづくり変革とその進め方」
  5G、ローカル5G開発に当たって採用された「ユースケース創出」の手法
  解説、工場での5GニーズがIoTを起点に生まれている具体的な事例紹介など
 
 早稲田大学 リサーチイノベーションセンター 研究戦略部門 教授 稲田 修一 氏
  
 休 憩
  
 ○講 演 1 15:00~15:40
 「5Gを活用した産業用ロボット制御の取り組み」
  総務省による平成30年度5G総合実証試験の一つとして実施した、5Gによる
  産業用ロボット制御実証の概要と、実際の工場内での無線伝搬特性計測結果
  について報告いたします。
 
  九州工業大学 大学院 工学研究院 電気電子工学研究系 教授 池永 全志 氏 
  
 休 憩
  
 ○講 演 2 15:50~16:30
 「工場における無線環境評価、通信実験によって得られた課題と無線用途別の技術要件」
  NICTでは工場における無線通信技術の基礎評価及び検証を行う共同実験
  活動を行っており、この中で得られた現場の課題事例や無線用途別の通信要
  件について説明します。また無線通信の導入に関するトラブル事例や対策に
  ついても紹介いたします。
 
  情報通信研究機構(NICT) 研究企画推進室 兼 FFPA事務局長 厚東 肇 氏
  
 休 憩

 ○講 演 3 16:40~17:20
 「SRF無線プラットフォームとローカル5G活用の方向性」
  FFPAは、製造現場での無線の不安定性を解消するプラットフォームの技
  術仕様 ver1.0の策定を完了し、現在、ローカル5Gとの協調等の新たな機能
  を盛り込んだver2.0の仕様策定を進めています。
  本講演では、本技術仕様およびローカル5G活用の方向性を解説します。
   
 富士通株式会社 ネットワークプロダクト事業本部ワイヤレスシステム事業部 兼FFPA副会長  佐藤 慎一 氏
  
○閉会挨拶・閉会  17:20~17:25
  
○連絡事項等  17:25~17:30
  
 情報交換会   18:00~20:00
  
   KKRホテル熊本 3階 金峰
  
5.参加料  フォーラム:無料、情報交換会:会費制(2000円程度)
  
6.定員 100名程度
  
7.申し込み方法 WEB申し込み(https://forms.gle/mJaEDrhEokWjemzbA
  ページへ接続できない等、上記フォームでのお申し込みができない場合は、
  大変お手数ですがメールにてお申し込みをお願いいたします。
  (お申し込み先 RIST事務局:rist@kmt-ti.or.jp)
  
8.申し込み締切  12月12日(木)

※申し込み時にご提供いただいた情報は本フォーラムの運営のみに使用いたします。
  
┏◇───────────────────────
┌─╂ くまもと技術革新・融合研究会(RIST)事務局
■━┛ 公益財団法人くまもと産業支援財団内
│   担当:田口・荒木・井手
│   〒861-2202 熊本県上益城郡益城町田原2081-10
│   TEL:096-286-3300/FAX:096-286-3929
│   E-mail:rist@kmt-ti.or.jp URL:http://www.rist.gr.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】第24回 関西大学先端科学技術シンポジウム(1/23-24開催)new
 
                      先端科学技術推進機構
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先端科学技術推進機構では、一年間の研究成果の発表の場として「関西大学先端科学技術シンポジウム」を開催いたします。
 メインテーマを『「いのち輝く未来社会への貢献」― 多様で健康な生き方の追求 ―』とし、特別講演及び当機構内研究部門による講演など、2日間にわたり22のセッションのプログラムを予定しております。また、約100件のポスターセッションも開催を予定しております。
 
※詳細につきましては、「第24回 関西大学先端科学技術シンポジウムパンフレット_」をご覧ください。
 
第24回 関西大学先端科学技術シンポジウム_.pdf
 

 
テ ー マ :「いのち輝く未来社会への貢献」― 多様で健康な生き方の追求 ―
 
日  時:2020年1月23日(木) 11:00-17:15
    (終了後 交流懇親会 17:30-18:30(予定))

     2020年1月24日(金) 10:00-17:15
 
場  所:関西大学千里山キャンパス 100周年記念会館(阪急関大前駅徒歩5分)
 
参 加 費:無 料
 
お申込みサイト
 

 
特別講演: ◇◇◇ 第1日目 1月23日(木)(11:15-12:15) ◇◇◇

 
      「関大メディカルポリマーで届ける未来医療」
 
     関西大学 化学生命工学部 教授
     文部科学省私立大学研究ブランディング事業
     「『人に届く』関大メディカルポリマーによる未来医療の創出」研究代表者
                         大矢 裕一 氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】AMEDの令和元年度研究公正セミナーのご案内(R2/1/14開催 福岡市)new
 
                      国立研究開発法人日本医療研究開発機構
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AMEDでは毎年研究公正セミナーを開催しておりますが、今年度は昨年度
好評であった生物統計と画像処理に関するセミナーを開催いたします。
なお、昨年度の研究公正セミナーと講師が同じですので、ご講演の内容も
昨年度とほぼ同じになります。
研究公正セミナーの九州地区での開催は初めてですので、お近くの方は
ぜひご参加ください。
 
<タイトル>
専門家から見た研究データ ~適切なデータ処理を行うためには~
 
<概要>
あなたが行ってきたデータ処理が適切なものだったと自信がありますか?
何気なく、あるいは自己流でデータ処理を行い、あとで適切な処理ではなかった
と気づいた方も少なくないと思われます。
本セミナーでは、生物画像と統計解析について、過去の不正例や不適切なデータ
処理例を紹介するとともに、適切なデータ処理について解説します。
 
<開催日時及び会場>
福岡会場:令和2年1月14日(火)13時30分~16時30分
TKPガーデンシティ博多新幹線口 会議室4-A(JR博多駅筑紫口から徒歩1分)
東京会場:令和2年2月5日(水)13時30分~16時30分
フクラシア東京ステーション H会議室(JR東京駅日本橋口から徒歩1分)
 
<講師>
新谷 歩(大阪市立大学医学部 教授)
湖城 恵(エルピクセル株式会社 共同創業者)
 
<対象>
生物統計処理または画像処理を行う研究データを扱う研究者
適切な生物統計処理または画像処理に関する教育研修等を行う方(講師等、事務局員)
 
<定員> 
福岡会場 100名、東京会場 200名(要事前参加登録、先着順に受付)
 
<参加費>
無料
 
詳細は、下記のウェブページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/news/event/seminar20200114.html