共に作る。より良い未来を。

お知らせ一覧

※講演会・講習会等(9件)8/30日更新

【1】技術普及講習会(オシロスコープ入門セミナー)(9/6開催 熊本市)new
【2】産学連携による研究成果の実用化を目指して(9/26熊本会場・10/17福岡会場)
【3】 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー(9/26開催 鳥栖市)
【4】JSTリサーチコンプレックス推進プログラムシンポジウム(9/10開催 秋葉原)
【5】第121回KDRIイブニングセミナー】(9/13開催 熊本市)
【6】(独)環境再生保全機構 環境研究総合推進費 公募説明会(9/30開催 九州大学伊都キャンパス)new
【7】「技術流出防止管理説明会」(9/6開催 福岡市)
【8】トーゴーの日シンポジウム2019 ~バイオデータベース:つないで使う~(10/5開催 東京)new
【9】SCK CR2Pjオープンハウスへのご出席案内、及びご出展案内(11/7開催 9/2締切)strong>new
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講演会・講習会等2019年度終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】技術普及講習会(オシロスコープ入門セミナー)(9/6開催 熊本市)new
  
          熊本県産業技術センター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
 

               記

1.日 時 令和元年(2019年)9月6日(金)
受 付:10:00から10:30まで
講習会:10:30から16:30まで
 
2.場 所 熊本県産業技術センター 本館1階 大会議室
      〒862-0901 熊本市東区東町3-11-38
      Tel: 096-368-2101 Fax: 096-369-1938
 
3.内 容 第1部 10:30-12:00
①「オシロスコープ入門」
        テレダイン・ジャパン株式会社 伊藤氏
第2部 13:00-16:30
②「プローブ入門」
        テレダイン・ジャパン株式会社 伊藤氏
③「オシロスコープ使いこなし編」
 ~スイッチング回路設計におけるオシロスコープ測定例と最近
        の話題~
        テレダイン・ジャパン株式会社 伊藤氏
④「熊本県産業技術センターの紹介」
        熊本県産業技術センター 前田
 
4.講 師 テレダイン・ジャパン株式会社
      アプリケーション・エンジニア 伊藤 渉 様
熊本県産業技術センター ものづくり室 前田 和輝
 
5.対象者 県内企業技術者
 
6.定 員 30人(先着順)
 
7.参加費 無 料
 
8.主 催 熊本県産業技術センター
  共 催 熊本県産業技術振興協会ものづくり専門部会
 
9.参加申込み方法
   9月5日(木)までに、会社名、参加者氏名、連絡先メールアドレスを
  ご記入の上、次の申込先宛に電子メールでお申込みください。
申込先: seminar-20190906@kumamoto-iri.jp
 
10.問い合わせ先
   熊本県産業技術センター ものづくり室 前田、山口
   〒862-0901 熊本市東区東町3-11-38
   Tel: 096-368-2101 Fax: 096-369-1938

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】産学連携による研究成果の実用化を目指して
                   国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、産業技術力強化法の整備、大学知的財産本部の設置、国立大学の法人化等を背景に、大学等の公的研究機関が主体となった研究成果の社会還元活動を積極的に支援しています。この支援活動の一環として、大学等の公的研究機関から創出された研究成果に基づく特許技術による新技術説明会を開催しています。
新技術説明会は、大学、高等専門学校、国立研究開発法人等の公的研究機関から生まれた研究成果(特許)の実用化(技術移転)を目的に、新技術や産学連携に関心のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。JSTが産と学の出会いの場をセッティングし、各研究機関はこの場で出会った産と学をマッチングへと導きます。
 

【新技術説明会の特長】
 
1. 未公開特許を中心とした発表
ライセンス可能な特許技術を発表することを原則としています。中でも出願から1.5年未満の未公開特許を多く含むことで、公的研究機関の最新の研究成果を企業へ提供することを目的としています。
 
2. 産学連携を展望したプレゼン
学会発表、研究成果報告会、アウトリーチ活動といった発表そのものが目的のイベントと違い、従来技術との比較、想定される用途、実用化への課題、企業への期待等、ビジネスマッチングを意識したプレゼンテーションを行っています。
 
3. 個別相談会場を併設
発表終了後、その場ですぐにアプローチしたい企業のために、名刺交換会および個別相談会を設けています。個別相談会には、各研究機関の産学連携コーディネータが同席することを原則としており、マッチングを強力にサポートします。
 
4. 4万件以上の企業リスト
メールDMによる案内数は4万通以上。過去の新技術説明会の来場者だけでなく、イノベーションジャパンの来場者を中心に、産学連携および技術移転に関心の高い企業に対し、定期的に開催案内のメールを送っています。
 
5. 発表資料をWebサイトに掲載
開催終了後、当サイトに当日のプレゼン資料をアップロードします。過去のプレゼン資料をアーカイブ化することで、当日の説明会に参加できなかった企業や検索エンジン経由で辿り着いた企業からのアプローチも可能にします。
 
【開催スケジュール】
 
9/26(木)pm
熊本大学 新技術説明会 
 
10/17(木)
九州大学 新技術説明会 

 
その他の開催地、申込み受付、詳細等につきましては新技術説明会HPからご確認ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー(9/26開催 鳥栖市)
 
              九州経済産業局、国立研究開発法人産業技術総合研究所九州センター
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
本イベントは、九州・沖縄8県の公設試験研究機関(以下「公設試」という。)
や産総研の最新の研究成果・情報が一堂に会する唯一の場として、平成23年から
開催しております。9回目となる今年度は、「製造現場のIoT化を支援するスマー
ト製造ツールキット」と題した特別講演のほか、企業と公設試等との共同研究に
よる合同成果発表会、最新の研究成果のポスター展示、特設ブース展示、技術相
談会、ピッチ会(ショートプレゼン)、ラボツアーなど、多数の催しを行います。
 
■日程:令和元年9月26日(木)10:00~17:00
 
■会場:鳥栖市民文化会館(佐賀県鳥栖市宿町807-17)
    産業技術総合研究所九州センター(佐賀県鳥栖市宿町807-1)
 
■参加費:無料(交流会は会費3,000円・事前申込制)
 
■主催:九州経済産業局、国立研究開発法人産業技術総合研究所九州センター
 
■共催:九州・沖縄地域産業技術連携推進会議(産技連)、産技連九州・沖縄地
域部会、内閣府沖縄総合事務局、福岡県工業技術センター、佐賀県工業技術セン
ター、佐賀県窯業技術センター、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター、
長崎県工業技術センター、長崎県窯業技術センター、熊本県産業技術センター、
大分県産業科学技術センター、宮崎県工業技術センター、宮崎県食品開発セン
ター、鹿児島県工業技術センター、沖縄県工業技術センター、九州地方知事会、
九州イノベーション創出戦略会議(KICC)
 
■主な行事:
・特別講演「製造現場のIoT化を支援するスマート製造ツールキット」
 産総研 製造技術研究部門 機械加工情報研究グループ 研究グループ長 古川慈之
 
・産総研九州センター講演会
 
・九州・沖縄地域企業&公設試・産総研合同成果発表会
 
・公設試・産総研シーズポスター・成果品展示会
 
・特設ブース展示(テーマ:スマート製造技術の生産現場への導入に役立つ技術・取組み)
 
・技術相談・各種相談会
 
・ピッチ会(出展機関によるショートプレゼン)
 
・産総研九州センターラボツアー
 
※詳細は、ホームページ(http://www.aist.go.jp/kyushu/)をご覧ください。
 
■申込方法:
講演会、合同成果発表会、ラボツアー、交流会へのご参加は、事前登録をお願いいたします。
申込は、8月上旬から、ホームページ(https://www.aist.go.jp/kyushu/ja/events_OPD2019_index.html)お知らせします。
※「産総研 九州センター」で検索できます。
 
■問合せ先:
オープンイノベーションデー事務局
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所九州センター 産学官連携推進室内
 〒841-0052 佐賀県鳥栖市宿町807-1
 TEL: 0942(81)3606 FAX:0942(81)4089
 E-mail: q-openday-jimu-ml@aist.go.jp
*┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
*┏┏┏ * *九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー*
*┏ * 令和元年9月26日(木)10:00~17:00
┏ お問合せ—> https://www.aist.go.jp/kyushu/index.html
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**━━***━
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4】JSTリサーチコンプレックス推進プログラムシンポジウム(9/10開催 秋葉原)new
       地域から科学技術イノベーションエコシステムを考える  -成長・発展していくリサーチコンプレックス
   
                   国立研究開発法人科学技術振興機構
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リサーチコンプレックス推進プログラムは平成27年度に開始し、本年度に最終年度を
迎えました。本シンポジウムでは、本プログラムの活動により構築されつつある3つ
のリサーチコンプレックスの成長・発展の状況を報告し、リサーチコンプレックスの
体制構築や運営方針、自立化までの課題等について議論を深めます。また、今後の国
やJSTの産学連携・地域科学技術振興施策について紹介します。
 
■日時:令和元年9月10日(火)14:00-17:20(13:30開場) ※終了後、意見交換会17:30-19:00を開催
 
■場所:秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2階)
 
■定 員:200名
 
■参加費:無料(ただし意見交換会は会費:4,000円)
 
■主催:国立研究開発法人科学技術振興機構
 
■共催:文部科学省(予定)
 
■参加申込:参加を希望される方は、参加申し込みフォームよりご登録ください。定員となり次第、申し込み終了とさせていただきます。
参加申し込みフォーム
 
※プログラム詳細はホームページをご参照ください。
 
<お問い合わせ>
 国立研究開発法人科学技術振興機構イノベーション拠点推進部 リサーチコンプレックス担当
 TEL:03-5214-7997 e-mail:rc@jst.go.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【5】【第121回KDRIイブニングセミナー】(9/13開催 熊本市)new
 
           独立行政法人 中小企業基盤整備機構九州本部 くまもと大学連携インキュベータ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■内容:「使うAI、使えるAI ~開発事例から学ぶAIの活用法~」
 
■日時:令和元年9月13日(金)17:30-19:30
 
■場所:くまもと大学連携インキュベータ・会議室
 (熊本市中央区南熊本3-14-3 / TEL. 096-364-5115 )
 ※駐車場スペースには限りがありますので、公共機関のご利用をお願い致します。
 
■受講料:無料 
                 
■講師:古田貴彦氏(株式会社 ワイズ・リーディング 事業開発本部
          AIソリューショングループ マネージャー)
     
■定員:約50名(先着順/定員に達した場合はキャンセル待ちとなります。)
 
■申込方法 :氏名・会社名・部署名・役職名・連絡先(電話・FAX・メール)を
 添付チラシの申込書(2枚目)にご記入の上、メール又はFAXで9月11日(水)
 までに下記へお申込み下さい。
 ・申込先メールアドレス kdri-info@smrj.go.jp
 ・申込先FAX 096-364-5116
 
■主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構九州本部
    くまもと大学連携インキュベータ
 
■共催:公益財団法人 くまもと産業支援財団
 
【セミナーの概要】
ビジネスシーンにおいて、AI活用が身近になってきました。
今回のセミナーでは、AI活用ってどうやるの?どうやって活用するの?
といった気になる点について、株式会社ワイズ・リーディングでの開発事例や、
一般的に使えるAIツール等をご紹介します。
AI導入を検討されている企業の方、中小企業の経営者・IT担当者、行政等の
支援機関でAI・IoT活用支援を担当されている方、その他AIに興味のある方
などにお勧めの内容です。
講演終了後、参加者の皆様と講師の方の「名刺交換会」を予定しております。
多くの方々のご参加をお待ちいたします。 
 
※詳細は下記URLをご参照ください。
>http://www.smrj.go.jp/incubation/kdri/event/2019/akn4gh00000024vx.html
======================
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 九州本部
くまもと大学連携インキュベータ
 
インキュベーションマネージャー〔IM〕
朝長 久典 < tomonaga-kyushu@smrj.go.jp >
 
〒860-0812 熊本市中央区南熊本3丁目14‐3
TEL:096-364-5115 FAX:096-364-5116
http://www.smrj.go.jp/incubation/kdri/
======================
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【6】(独)環境再生保全機構 環境研究総合推進費 公募説明会(9/30開催 九州大学伊都キャンパス)new
 
                      (独)環境再生保全機構
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
環境省所管の競争的資金である「環境研究総合推進費」の配分業務を実施しております。
推進費は環境政策貢献を掲げる唯一の競争的資金であり、令和元年も9月27日(金)より、環境研究総合推進費の令和2年度新規課題公募を当機構にて開始する予定でございます。
 つきましては、「環境研究総合推進費」制度を広く研究者の皆様へ知っていただく為の公募説明会のを開催いたします。
 
○第1回公募説明会
 時期:8月下旬、関西大学及び当機構東京事務所で開催
 
 概要:「環境研究総合推進費」の概要説明や研究計画やマネジメント等のプレゼンテーション等(「環境研究総合推進費」をあまりご存じでない研究者の方や若手研究者の方、URA等の研究活動の企画・マネジメント等に携わる方々向けの内容となっております。)
 
○第2回公募説明会
 時期:9月下旬~10月中旬、全国の大学等9箇所で開催
 
福岡会場:令和元年9月30日(月) 九州大学 伊都キャンパス
 
 概要:令和2年度新規課題公募内容等
(実際に令和2年度新規課題公募へ申請予定又は申請を検討している方向けの内容となっております。)
 
両回にご参加いただくことも可能です。
 
ご参加の申し込みや詳細に関しましては、下記のホームページにて随時更新を行って参ります。
 
(独)環境再生保全機構 環境研究総合推進費 公募説明会
https://www.erca.go.jp/suishinhi/koubo/r02_koubo_3.html
 公募説明会リーフレット
https://www.erca.go.jp/suishinhi/book/pdf/pamph_koubo2019.pdf

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 (独)環境再生保全機構
    環境研究総合推進部研究推進課  高村 涼介

〒102-0083  東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル3階
(Tel)03-3237-6615 (Fax)03-3237-6610
    E-mail:r-takamura@erca.go.jp
URL:http://www.erca.go.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【7】「技術流出防止管理説明会」(9/6開催 福岡市)new
             ~あなたの会社の大切な技術、流出していませんか~」
                       九州経済産業局※締切9/4(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル化の進展や取引の多様化、技術を知りうる人材の国境を越えた流動化
等を背景に、中小企業の皆様の情報流出の懸念は高まっています。企業秘密とす
べき技術情報が流出して競合他社に利用された場合、企業の競争力は毀損され、
当該技術の開発に見合った収益を得る事が出来ない事態となります。また、軍事
転用可能な技術情報が海外に漏れた場合には、企業の信頼は失墜し、国家の安全
保障さえも脅かされてしまいます。このため技術情報の管理に対する取組が必要
となっています。企業の皆様が取り組むべきポイントについて分かりやすく解説
します。
 
・日 時:2019年9月6日(金)13:30~16:30
 
・場 所:福岡合同庁舎本館1階 九経交流プラザ 大会議室
        福岡市博多区博多駅東2丁目11-1福岡合同庁舎 本館1F
 
・内 容:・安全保障管理に係る入門編(50分)
     説明者:安全保障貿易管理自主管理促進アドバイザー 太田和 久雄
       質疑応答(10分)
     ・技術情報の管理(50分)
     説明者:経済産業省安全保障貿易管理課担当官 大木 章弘
      質疑応答(10分)
     ・秘密情報の漏えい対策等について(40分)(ビデオ供覧)
     説明者:経済産業省知的財産政策室担当官 関 優志
     アンケートWeb入力(10分)
 
・主 催:経済産業省、九州経済産業局
 
・参加費:無料 ・定員60名
 
・詳 細:https://metioutreach.go.jp/
 
・お申込:https://supportoffice.jp/metioutreach/newseminar/
 
・申込締切:2019年9月4日(水)
 
・お問い合わせ先:
 【内容やお申込みについてのお問い合わせ】
  中小企業等アウトリーチ事業事務局
   Tel:03-5946-8570(平日10時00分~17時00分)
   E-mail:chusho-outreach_office@visionbridge.jp
 
 【その他のお問い合わせ】
  九州経済産業局 国際部国際課(担当:坂木、副島) Tel:092-482-5425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【8】トーゴーの日シンポジウム2019 ~バイオデータベース:つないで使う~(10/5開催 東京)new
  
         国立研究開発法人科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
 
 科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)では、毎年10月5日を「トーゴーの日」とし、ライフサイエンス分野のデータベース統合にまつわる問題をともに考え、議論を深めるシンポジウムを開催しております。
 2019年度は「トーゴーの日シンポジウム2019 ~バイオデータベース:つないで使う~」と題し、日本科学未来館にて開催いたします。
 今年は有用物質生産と育種に焦点を当てて、複数のデータベースを連携させる活用事例の紹介や、データベースの利用者と開発者からの口頭発表、ポスター発表やワークショップなど、多彩なプログラムを実施します。データベースを活用した生命科学のさまざまな分野について最新の情報を得られる貴重な機会です。当日参加も可能です。

 
【日 時】 2019年10月5日(土)10:30~17:45
 
【会 場】 日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
アクセス
 
【参加費】 無料
 
【主 催】 国立研究開発法人科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)
 
【後 援】 内閣府、文部科学省
 
プログラム、申し込みフォーム、詳細についてはNDBCのホームページから確認ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【9】 CR2Pjオープンハウスへのご出席案内、及びご出展案内(11/7開催 9/2締切)new
 
                       ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
、CR2 Pj活動の新たな広がり、更なる活性化を n 対 n の協働で目指しています。
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)(以下SCK)とパートナー様との相乗効果により、目的を共有したビジネスエコシステム・
共有型経済圏を創り上げ、広げていくために、オープンハウスを開催します。

 
 ※ 締切りが9月2日となってますのでご注意願います。
    ・参加だけの方は、個々にアンケート入力
    ・出展希望の方は、会社代表にてアンケート入力
       となっておりますのでご注意ください。
 
 ※ 回答が遅くなりそうな場合や、不明な点がございましたら、下記問い合わせ先にご連絡ください。

  
【開催概要】
 

1.日 時 令和元年11月7日 (木曜日)
9:00 ~ 13:00
     ・会場設営、展示品搬入は、前日6日(13:00~17:00)
      ・会場撤収、展示品搬出が、当日7日(14:00~17:00)
 
2.場 所 熊本産業展示場 グランメッセ熊本 1階 Aホール
        〒861-2235  熊本県上益城郡益城町福富1010
 
3.内 容 1)弊社 技術開発ロードマップより
         実現したい技術開発(Needs)のご紹介
      2)弊社・パートナー様による、CR2 Pj活動による
         成果技術(Seeds)のご紹介
      3)パートナー様 技術開発ロードマップより
         実現したい技術開発(Needs)のご紹介
      4)パートナー様の専門的技術・特殊技術(Seeds)のご紹介
 
4.出展・募集対象企業
   SCKとの協業によって将来に繋がる技術開発を行っていただける企業および研究機関等
     出展募集数:55社程度(Seeds および Needs)
 
5.来場予定者 
   SCK社員 および お取引パートナー様 500社を予定

 
 ※詳細は、CR2パンフレット &n 対 n オープンハウス-1をご確認お願い致します。
 
 ※お手数ですが9月2日(月)までに、本メール記載の
  アンケートシステムにて、
  ①ご出席の有無、②ご出展の有無、および必要事項のご入力を
  お願い致します。
 
 ※アンケートシステムに関して
  ・お一人様毎の入力になります。
   他にご出席希望の方がいらっしゃいましたらメールのご転送をお願いいたします。
 
  ・ご出展に関しては、会社代表者様(とりまとめの方)にてご入力をお願い致します。
 
 ★アンケートシステムのURL
   https://www.survey.re-a-son.com/CR2Pj2019/

 
【問合せ先】
 〇ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)
   CR2Pj事務局   澤田、中野
   e-mail(澤田):Keiji.Sawada@sony.com
   e-mail(中野):Seigou.Nakano@sony.com
 
 〇九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(愛称SIIQ)
   内藤 繁博(コーディネーター)  
   TEL 092-473-6649  E-MAIL naito@siiq.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー