研究

地域連携・研究事例紹介

研究事例

共同研究・受託研究の成果の一例を紹介します。この他にも多くの技術が開発されています。

詳細はこちら



地域連携成果

崇城大学は地域と共に発展してきました。大学で育まれた智を地域社会に還元しています。

詳細はこちら




新着情報・お知らせ


「合志マンガミュージアム」ロゴマークデザイン等の制作

本学研究者 小川剛准教授(デザイン学科)
概要 2017年7月開館予定の「合志マンガミュージアム」のロゴマークデザインや館内のサイン・ピクトグラム制作、看板等のデザイン制作を手掛けた。


「合志マンガミュージアム」内装のデザイン設計

本学研究者 西郷正浩准教授(建築学科)
概要 「合志マンガミュージアム」の内装を担当し、腰掛けて漫画を読むことができる縁側のような読書スペースのデザインを設計した。

詳細はこちら



山鹿町絵図のレプリカ制作

本学研究者 甲野善一郎准教授(デザイン学科)
概要 山鹿市の一般家庭に保管されていた山鹿町絵図のレプリカを甲野研究室学生らが制作した。制作後は、山鹿市立博物館にレプリカが収蔵されている。


宮地和紙を使った商品開発

本学研究者 原田和典教授(デザイン学科)
概要 約400年の歴史を持つ宮地和紙の伝統を継承するため、宮地和紙を使ったデザイン商品開発を学生らが行った。

詳細はこちら